未分類

食欲抑制剤の主力成分であるシブトラミンってどういうもの?

食欲抑制剤の多くには、塩酸シブトラミンが主成分になっていることが多いものです。

食欲抑制剤といえば、なんだか副作用がスゴそうといったイメージをお持ちの方も多いものです。
しかしながら、その主成分である塩酸シブトラミンとは、どのような成分であるのかを知り、正しい知識があれば、ダイエットのサポート薬としては最高の食欲抑制剤の恩恵に預かれるのではないでしょうか。

 

塩酸シブトラミンの効果は?

塩酸シブトラミンの効果はどのようなものなのでしょうか。
シブトラミン成分は、交感神経を活発化させることが出来ます。

ということは、逆に副交感神経の働きを抑えるといったことになります。
そしてストレス解消や鎮静といった働きをするセロトニンという三大神経伝達物質の働きをコントロールしてくれることになるのです。
そして肝心の食欲を抑える作用をもたらしてくれるのです。

 

そもそもは抗うつ剤だった

そもそも塩酸シブトラミンの利用目的としては、うつ病の治療用に開発されたものでした。
それはセロトニンやノルアドレナリンの働きをコントロールしてくれるためです。

このような働きをする医薬品をSNRIと呼びますが、SNRIとしての効果はあまりなく、逆に食欲を抑制する効果の方が高いとして、食欲抑制剤としての現在の地位を築くことになるのです。

 

シブトラミンの安全性は?

セロトニンの分解を阻害するような働きをする医薬品との併用は絶対にダメだと言われていますが、それさえ守れば、問題なく使用できると言われている安全性の高い成分です。

稀に高血圧や肺高血圧、心拍数の上昇といったものが起こるリスクがあることから、循環器系の臓器に基礎疾患がある方の使用には注意が必要だと言われています。

関連記事

  1. 話題の食欲抑制剤リデュースの驚くべきダイエット効果とは?
  2. 食欲抑制剤リデュースを使用する前に覚えておきたいこととは?
  3. 世界中にユーザーがいる食欲抑制剤リデュースの気になる副作用につい…

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

アーカイブ

PAGE TOP