未分類

世界中にユーザーがいる食欲抑制剤リデュースの気になる副作用について

食欲抑制剤として、日本国内での承認はされていないものの、世界中に多くのユーザーを抱えている人気の肥満治療薬としてリデュースが挙げられます。

リデュースは、基本的に服用をして食欲を減退させ、暴飲暴食などを防ぐ効果があります。
また、それをプラスして、シブトラミンという有効成分が代謝を促進させてくれるため、脂肪燃焼もしやすくなり、軽い運動などでも体重減少に導くことになるのです。

しかしながら、ここまで高い効果がある医薬品の場合、副作用のリスクも当然にあるわけです。
ここではリデュースの副作用について紹介します。

 

副作用の前に偽物に注意

リデュースの副作用を知る前に、まず日本国内では未承認の医薬品であり、何の保証もないということです。

そこで横行しているのが、偽物商品を購入してしまうということです。
こういったことがあったとしても、最初から手に入れてはいけない医薬品を勝手に個人輸入をしているわけですから、完全に自己責任になるわけです。

 

基本的に副作用は少ないもの

日本国内で認められていないからといって、危ない医薬品と決めつけるのは、間違いです。
人種の違いはありますが、同じ人間が服用をし、安全性を認められているからこそ、諸外国で販売されて、愛用されているわけです。

つまり、用法や用量といったものをしっかりと守り、使用をしている限り、重篤な副作用が出る可能性は限りなく低いわけです。

 

報告されている副作用は?

リデュースで報告されている副作用としては、頭痛、月経痛、倦怠感や下痢といったものが報告されています。

場合によっては、発熱を伴う方もいますし、食欲抑制効果の中毒になってしまわれる方もいらっしゃるようです。

服用後も低カロリー食品ばかりを続けた結果、栄養失調などになってしまう方もいますから、正しい使い方をするのが前提です。

関連記事

  1. 話題の食欲抑制剤リデュースの驚くべきダイエット効果とは?
  2. 食欲抑制剤の主力成分であるシブトラミンってどういうもの?
  3. 食欲抑制剤リデュースを使用する前に覚えておきたいこととは?

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

アーカイブ

PAGE TOP